前へ
次へ

多様性を受け入れられる人材づくり

世の中には様々な個性を持つ人がいて、それぞれに生きています。
これからは、どんな人の個性も尊重できるような生き方が求められていくでしょう。
子どもには、ハンディや国籍にとらわれず、誰とでも対等な付き合いができる大人になってほしいものです。
そのためには、家族でいろいろな場所へ行き、たくさんの人と交流をするのがおすすめです。
児童館などではいろいろな家庭の子どもと交流できますし、ボーイスカウトなどでもっと積極的に新しい世界を知るのも良いでしょう。
今は比較的、ハンディを抱える子どもたちも一般の学校に通ったりする時代ですので、多様性を受け入れるいいチャンスもたくさんあります。
そこまで積極的に交流できない場合は、講演会を聞きに行って知らない世界を疑似体験するのも良いでしょう。
海外でボランティア活動をしている人や、病気の子どもの教育に携わる人などの話を聞くだけで、自分とは違う人々に思いやりを持てるようになります。

Page Top